未来創造弁護士法人

離婚相談

045-624-8818
  1. >
  2. >

当事務所にご相談いただいた方々の解決事例です。

ご相談者のお悩みや不安、ご相談に至った経緯、依頼を受けた弁護士がどのように解決したかを、一部ですが、ご紹介いたします。

カテゴリー

  • 夫側(男性側)
  • 妻側(女性側)

分野

  • 離婚する、しない
  • 慰謝料
  • 財産分与
  • 親 権
  • 養育費
  • 面会交流(面接交渉)
  • 婚姻費用(生活費)

手続き

  • 協議離婚
  • 審判離婚
  • 調停離婚
  • 裁判離婚

ご相談内容
・夫は開業医です。結婚して30年になりますが、これまで私のことを奴隷のように扱い全く自由がなかったので、最近思い切って別居をしました。

・生活費を支払ってくれるよう請求したのですが「お前が勝手に出て行ったのだから支払う必要がない」と言って一切支払ってくれません。

・相手も離婚することは認めています。しかし、これまで家庭のことだけでなく、仕事の手伝いもさせておきながら「350万円しか支払わない」という相手の主張には納得いきません。


争点と解決への工夫

・夫側は、妻が勝手に出て行ったのだから「悪意の遺棄」にあたり婚姻費用を払う必要がないと主張しました。しかし、正当な理由があって別居した場合には、当然婚姻費用を受け取る権利があります。

・夫が開業医など特殊な職業につき高収入を得ている場合にも、妻には相応の貢献が認められます。

・以上のことを夫側が認めないため、訴訟を提起して、裁判所の判断を仰ぐことにしました。


結果

・裁判所が当方の主張を全面的に認めた結果、解決まで約3年間の婚姻費用(生活費)500万円と、解決金(財産分与)約6000万円を夫側が支払うことを認め、和解が成立しました。

カテゴリー

  • 夫側(男性側)
  • 妻側(女性側)

分野

  • 離婚する、しない
  • 慰謝料
  • 財産分与
  • 親 権
  • 養育費
  • 面会交流(面接交渉)
  • 婚姻費用(生活費)

手続き

  • 協議離婚
  • 審判離婚
  • 調停離婚
  • 裁判離婚

ご相談内容
・離婚の際、元妻は毎月子どもに会わせると約束したのに、実際離婚成立後は子どもと会わせてくれません。

・面会交流を求める調停を申し立てましたが、元妻は「子どもが父親と会うのを嫌がっている」というばかりで、会わせる気がありません。

・家庭裁判所でも「子どもの福祉を害するおそれがある」という理由で面会を認めない審判が出てしまいました。


争点と解決への工夫

・高等裁判所に抗告の手続を取った後、裁判所に対して、面会交流を認めても「連れ去りの危険がないこと」「子どもを不安にさせることがないこと」「子どもを過度に甘やかすことがないこと」などをていねいに伝えました。

・改めて裁判所調査官の調査を実施してもらい、父親側の環境が子どもにとって悪い影響を与えるものでないことを確認してもらいました。


結果

・高等裁判所では、子どもとの面会交流を認める逆転の決定がなされ、強く望んでいた面会交流が実現しました。

カテゴリー

  • 夫側(男性側)
  • 妻側(女性側)

分野

  • 離婚する、しない
  • 慰謝料
  • 財産分与
  • 親 権
  • 養育費
  • 面会交流(面接交渉)
  • 婚姻費用(生活費)

手続き

  • 協議離婚
  • 審判離婚
  • 調停離婚
  • 裁判離婚

ご相談内容
・裁判所から子どもの監護権は私に認めるという審判が出ているにもかかわらず、妻は子どもを引き渡そうとしません。

・これにもかかわらず、今度は別居中の生活費を求めて婚姻費用を求める調停を申し立ててきました。

・自分は子どもを引き渡さないくせに、生活費だけを求める態度を許すことができません。


争点と解決への工夫

・話し合いで解決する余地がないので、調停を打ち切り審判手続に移行してもらいました。

・子どもを引き渡すという裁判所の命令に従わない妻側に、婚姻費用を請求する資格がないことを主張しました。


結果

・子どもの引き渡し義務を果たさず、間接強制にも応じていない妻が婚姻費用を求めることは権利の濫用に当たることを理由に、請求を却下する審判を獲得することに成功しました。

カテゴリー

  • 夫側(男性側)
  • 妻側(女性側)

分野

  • 離婚する、しない
  • 慰謝料
  • 財産分与
  • 親 権
  • 養育費
  • 面会交流(面接交渉)
  • 婚姻費用(生活費)

手続き

  • 協議離婚
  • 審判離婚
  • 調停離婚
  • 裁判離婚

ご相談内容
・結婚して10年です。性格の不一致を理由に離婚することになり、離婚自体には双方同意しています。

・問題は、5年前に購入したマンションです。共稼ぎだったので夫婦の共有名義になっており、それぞれがローンを組んでお互いが連帯保証人になっています。

・まだローンが2000万円くらい残っていますが、売却すると3000万円くらいになりそうです。私は売却してローンを清算し、残ったお金を分けたいと考えています。しかし夫はこの家に住み続けたいと言って売却に応じてくれません。


争点と解決への工夫

・夫婦が共有名義で所有する不動産については、仮に離婚の裁判となった場合でも、裁判所は売却を強制したり、どちらか一方の名義にするよう命令することはほとんどなく、共有名義のまま残ってしまうことがほとんどです。

・また、銀行のローンや連帯保証債務は財産分与の対象となりませんので、離婚が成立しても義務はそのまま残ってしまうのが原則です。

・解決するためには銀行に事情を話し、新たにローンを組み直してもらったり、連帯保証契約を解消してもらう必要があります。


結果

・銀行に夫婦が離婚することになるという事情を説明し、夫の単独所有になることを前提として新たなローン借入を認めてもらいました。

・その結果、依頼者は500万円の支払を受けて持分名義を夫側に移転し、水彼の連帯保証債務を解消させることに成功しました。

カテゴリー

  • 夫側(男性側)
  • 妻側(女性側)

分野

  • 離婚する、しない
  • 慰謝料
  • 財産分与
  • 親 権
  • 養育費
  • 面会交流(面接交渉)
  • 婚姻費用(生活費)

手続き

  • 協議離婚
  • 審判離婚
  • 調停離婚
  • 裁判離婚

ご相談内容
・元夫とは離婚をした際に娘の養育費を毎月5万円支払うという約束をしており、その旨の公正証書を作成してあります。

・ところが、元夫が勤めていた会社を辞めたらしく、養育費の支払いがストップしてしまいました。

・既に転職をして給料をもらっているはずなのに、私がメールで連絡をしても無視され、娘の養育費を支払ってもらえません。


争点と解決への工夫

・養育費の支払いを公正証書で約束した場合には、支払をしない相手方の履行を強制するために強制執行をかけることができます。

・相手方の勤務先が分かっていれば、給料の差押えをすることができます。

・約束どおりに養育費を支払わない相手に対しては、既に延滞になっている佳子の養育費だけでなく、将来の養育費についても(将来の給料から支払を強制する)差押え手続を取ることができます。


結果

・裁判所に強制執行を申し立てた結果、相手方の毎月の給料を差し押さえて、養育費の支払いを受けることに成功しました。

・相手方が職場を変えない限り、将来的にも差押えの効力が継続することになります。

法律相談予約・お問い合せバナー
顧問弁護士バナー接骨院・整骨院専門の顧問弁護士バナー離婚相談バナー