事務所紹介

未来創造弁護士法人の想い

法人名の由来

「未来創造弁護士法人」という法人名は、お客様の実りある未来を作り出すお手伝いをしたい、多くの仲間と前向きで楽しい日本・未来を作り出したいという思いと共に、毎月スタッフ全員参加で、より良い働き方とより良いサービスを追求している勉強会を「未来創造会議」と呼んでいることに由来しています。

事務所紹介 法人名の由来

経営理念

特徴的な取り組み

事務所紹介 特徴的な取り組み1

未来創造会議

未来創造会議レポートはコチラへボタン

毎月スタッフ全員参加で、よりよい働き方とよりよいサービスを追求している勉強会です。未来創造フィロソフィの輪読・意見交換をはじめとして、マナー研修、顧問先見学、他企業との共同研修会など、人間性を高めるための様々な取組を行っています。

事務所紹介 特徴的な取り組み 共同研修会 事務所紹介 特徴的な取り組み 未来創造会議 事務所紹介 特徴的な取り組み 様々な取組

事務所紹介 特徴的な取り組み2

SUC三谷会

SUC三谷会研究録はコチラへボタン

向上心あふれる弁護士たちの最新判例、法令勉強会です。2010年から毎月欠かさず開催の歴史を誇ります。

他事務所の弁護士も招き、最新の知識、スキルと弁護士道をキャッチアップしています。勉強会終了後はそのまま缶ビール片手に懇親会に突入します。

事務所紹介 SUC三谷会 最新判例勉強会 事務所紹介 SUC三谷会 法令勉強会 事務所紹介 SUC三谷会 懇親会

事務所紹介 特徴的な取り組み3

S70’s同世代経営者勉強会

S70's同世代経営者勉強会ボタン

弁護士三谷淳が主催する同世代経営者の勉強会です。「S」は刺激のS、「70’s」は1970年代生まれの意。同世代が頑張って努力している姿を見せ合い、互いに刺激し合うことによって、みんなが成長することを目的とする熱く、ストイックな勉強会です。

事務所紹介 S70’s同世代経営者勉強会主催者 事務所紹介 S70’s同世代経営者勉強会風景 事務所紹介 S70’s同世代経営者勉強会参加者 事務所紹介 S70’s同世代経営者勉強会全員

事務所概要【横浜本店】

法人名 未来創造弁護士法人 (届出番号818)
事務所名 三谷総合法律事務所
住 所 横浜市西区北幸1-11-15 横浜STビル7階
横浜市西区北幸1-11-15 横浜STビル7階
電 話 045-624-8818
FAX 045-624-8086
代表弁護士 三谷 淳 (登録番号27182)

 

事務所概要【藤沢支店】

法人名 未来創造弁護士法人 (届出番号818)
事務所名 湘南中央法律事務所
住 所 藤沢市南藤沢18番1号 エバーズ第10藤沢ビルⅡ5階
藤沢市南藤沢18番1 エバーズ第10藤沢ビルⅡ5階
電 話 0466-53-9722
FAX 0466-53-9733
藤沢支店長 長田 誠 (登録番号38460)

代表弁護士の想い

未来創造フィロソフィができるまで
未来創造弁護士法人 代表弁護士
三谷 淳
事務所紹介 代表弁護士 三谷淳

私は、中学から慶應義塾に進学し、最年少で司法試験に合格、若くして独立開業したという経歴から、エリート街道を歩んできたと勘違いされることもありますが実際はそうではありません。

倹約家の親の下で育ったこともあり、うちは貧乏なんだとコンプレックスを感じながら育ちました。中学時代はバブル全盛期で、幼稚舎上がりの内部進学者とはおこづかいの額が1ケタ違いました。

中学時代は音楽、高校時代は水泳をしましたが、芸術や体力では敵わないということを思い知らされました。

そこで、知力で勝負するしかないと考え、大学入学後、司法試験の勉強を始めました。

 

大学時代は本当に朝から晩まで法律の勉強をし、運良く大学3年生の時に最年少で司法試験に合格することができました。それからは自分でお金を稼ぐことができるようになり、経済的なコンプレックスを克服したような気でいました。そして、「先生、先生」と呼ばれ、すっかり勘違いをして天狗になっていました。

30歳のころ独立開業したものの、不満だらけの日々を過ごしていました。「自分は周囲から十分に評価されていない、何故なんだ?」「スタッフは思うように動いてくれない、なぜなんだ?」といった具合で、勝手な驕りだらけで、尊大な態度をとっていたのです。

 

そんなころ、京セラ創業者稲盛和夫氏が主宰する盛和塾と出会いました。
盛和塾での学びはあまりにも多くて、どう話していいのか分かりません。

人生・仕事の方程式(成功・失敗)= 考え方 × 熱意 × 能力

私は、能力に自信があったあまり、能力に溺れ、なぜ評価されないのか、不満に思っていました。当たり前の話なのですが、自分の評価を決めるのは周囲であって、評価されないのは自分にすべての原因があるのです。すべては自分のせい、驕りの現れであるという「他責化」から「自責化」への意識の転換が転機になりました。

「自分が頑張ればいいんだ。」と思うとすごく気が楽になると同時に、お客様、スタッフ、両親、家族、周りの人たちへ自然と感謝の念が湧いてきました。

「全従業員が幸せになるために全力を尽くす」と決め、経営理念とフィロソフィを定め、「未来創造会議」と銘打って、スタッフ全員で輪読するようになりました。そこで私も一緒に学びながら、チームが一体となって成長していく手ごたえを感じました。

 

チームが一体となるためには、共通の目標、共通の行動指針が必要になります。

ストイックに高みを目指すのも人生、適当に仕事して楽しく生きるのも人生、どちらの人生が正しいということはないのかもしれません。私は、一度きりの人生、自分の可能性にチャレンジしてできるだけ高い山を目指そうと決めました。どのような目標を目指すかによって、チームを律する哲学や思想は自ずと変わっ てきます。

例えば、高尾山に登りたいという人は、トレーニングもせず、サンダル履きで山に向かっても良いのかもしれません。しかし、富士山やエベレストに登ろうと思えば、事前に情報を収集し、装備を準備し、体力や技術を磨くトレーニングをしなければなりません。どちらの山に登るのが正しいかではなく、どの山に登りたいのかということです。どのような事務所を目指すのかによって、事務所内での考え方が変わってくる、高い目標を目指すためには、それに見合う考え方と方 法論が必要となるのです。

それが70項目からなる未来創造フィロソフィなのです。

未来創造フィロソフィ
  • 【第1章 経営のこころ】
  • 01 心をベースとして経営する
  • 02 公明正大に利益を追求する
  • 03 原理原則にしたがう
  • 04 お客様第一主義を貫く
  • 05 大家族主義で経営する
  • 06 実力主義に徹する
  • 07 パートナーシップを重視する
  • 08 全員参加で経営する
  • 09 ベクトルを合わせる
  • 10 独創性を重んじる
  • 11 ガラス張りで経営する
  • 12 高い目標をもつ
  • 【第2章 すばらしい人生をおくるために】
  • (1)心を高める
  • 13 愛と誠と調和の心をベースとする
  • 14 きれいな心で願望を描く
  • 15 素直な心をもつく
  • 16 常に謙虚であらねばならない
  • 17 感謝の気持ちをもつ
  • 18 常に明るく
  • (2)より良い仕事をする
  • 19 仲間のために尽くす
  • 20 信頼関係を築く
  • 21 完全主義を貫く
  • 22 真面目に一生懸命仕事に打ち込む
  • 23 地味な努力を積み重ねる
  • 24 自ら燃える
  • 25 仕事を好きになる
  • 26 渦の中心になれ
  • 27 率先垂範する
  • 28 自らを追い込む
  • 29 土俵の真ん中で相撲をとる
  • 30 本音でぶつかれ
  • 31 私心のない判断を行う
  • 32 常に創造的な仕事をする
  • (3)正しい判断をする
  • 33 利他の心を判断基準にする
  • 34 両極端をあわせもつ
  • 35 有意注意で判断力を磨く
  • 36 フェアプレイ精神を貫く
  • 37 公私のけじめを大切にする

  • (4)新しいことを成し遂げる
  • 38 潜在意識にまで透徹する強い持続した願望をもつ
  • 39 人間の無限の可能性を追求する
  • 40 チャレンジ精神をもつ
  • 41 開拓者であれ
  • 42 もうダメだというときが仕事のはじまり
  • 43 信念を貫く
  • 44 楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行する
  • (5)困難に打ち勝つ
  • 45 真の勇気をもつ
  • 46 闘争心を燃やす
  • 47 自らの道は自ら切りひらく
  • 48 有言実行でことにあたる
  • 49 見えてくるまで考え抜く
  • 50 成功するまで諦めない
  • (6)人生を考える
  • 51 人生・仕事の結果=考え方×熱意×能力
  • 52 一日一日をど真剣に生きる
  • 53 心に描いたとおりになる
  • 54 動機善なりや、私心なかりしか
  • 55 小善は大悪に似たり
  • 56 反省ある人生をおくる
  • 【第3章 一人一人が経営者】
  • 57 値決めは経営
  • 58 売上最大、経費最少
  • 59 日々採算をつくる
  • 60 健全資産の原則を貫く
  • 61 能力を未来進行形でとらえる
  • 62 目標を周知徹底する
  • 【第4章 日々の仕事を進めるにあたって】
  • 63 採算意識を高める
  • 64 倹約を旨とする
  • 65 必要なときに必要なだけ購入する
  • 66 現場主義に徹する
  • 67 経験則を重視する
  • 68 手の切れるような製品をつくる
  • 69 一対一の対応の原則を貫く
  • 70 ダブルチェックの原則を貫く

法律相談予約・お問い合せバナー
顧問弁護士バナー接骨院・整骨院専門の顧問弁護士バナー離婚相談バナー