契約書作成チェック

あらゆる契約書の作成、チェックをお手伝いします。

取引をする際、契約書は、未然にトラブルを予防し、紛争を回避するためのとても重要な役割を担います。
それにも関わらず、契約書作成の際に時間や費用を使ってよりよい契約書を作成しようと考える人が少ないように思います。
未来創造弁護士法人では、紛争解決より紛争予防に力点を置いて、契約書作成のお手伝いに力を入れています。

契約書を作る目的は

一覧へ戻るボタン

①いくつかの将来を想定し、その事態が発生したときに当事者にどのような権利義務が発生するかを決めておくこと

②約束を守らない相手に、その履行を裁判所によって強制するための証拠作り

③以上の2点をふまえ、約束は守らなければならないという心理的プレッシャーをかける

法律と契約書で記載内容が違う場合、どちらが優先か

一覧へ戻るボタン

①原則はお互いの合意である契約書が優先する

②お互いの合意である契約書によっても効力を変更できない法律(強行法規)についてのみ、法律が優先する。

③その法律が強行法規か否かは法律家である弁護士にしかなかなか判断できない。

 

契約内容はどのようにして決まるのか

一覧へ戻るボタン

契約内容は自由に決められる以上、契約当事者間の「力関係」によって決まる。

どうしても契約したい人、急ぎたい人は多少不利な条件も受け入れざるを得ない。

だからこそ、契約書の選択肢は無数にある。

契約段階で、弁護士に何を頼むべきか

一覧へ戻るボタン

①契約書案に意味が分からないことがある場合に、どのような意味なのかを問い合わせる。

②契約書に書いても法律上無効になってしまう強行法規違反の規定がないかをチェックしてもらう

③ある事態が発生した時を想定して、その時発生する効果を追加する条項を加えてもらう

契約書作成チェックの解決事例

法律相談予約・お問い合せバナー
顧問弁護士バナー接骨院・整骨院専門の顧問弁護士バナー離婚相談バナー