顧問弁護士

顧問弁護士として日々の相談やサポートサービスを提供するとともに、
問題発生時には最優先で、解決にあたります。

紛争は、起こってしまってから対処するものではなく、できることなら起こらないよう、予防するものです。
そのためには、専門家のリーガルチェックを受け、不安があったらすぐ相談できることが不可欠です。
とはいえ、これまで、顧問弁護士という言葉は聞いたことがあっても、顧問料を払うと弁護士が何をしてくれるのか、顧問料が月々いくらなのかということは、皆さんにとって分かりにくかったのではないでしょうか。
もちろん、それ以外の仕事の手を抜いたり、サービスの質が変わったりするわけではありません。
しかし、弁護士にとって、顧問先というのは、「最優先の存在」といっても過言ではありません。
最優先に対応し、親身になって相談にのる。それが顧問弁護士ではないでしょうか。
顧客の立場から見た場合、「どんなことでも、いつでも、何度でも、気軽に聞ける」のは、もちろん、いざというとき頼りになるのが顧問弁護士だと思います。
当事務所では、顧問料を数通り設定し、皆様のニーズにあわせて選択頂けるように致しましたので、是非ご利用下さい。

顧問契約規定 (顧問先の案件は、最優先にて対応致します)

一覧へ戻るボタン

月 額(税抜) 顧問契約の範囲 その他についての弁護士費用
40,000円 簡易な法律相談(何度でも)
簡易な文書作成(内容証明郵便等)
その他については、報酬規定より
概ね1割減額
60,000円 あらゆる法律相談(何度でも)
簡易な文書作成(内容証明郵便等)
簡易な相手方との交渉
その他については、報酬規定より
概ね3割減額
100,000円 あらゆる法律相談(何度でも)
簡易な文書作成(一般的な契約書等も含む)
裁判所の手続に至らない相手方との交渉
その他については、報酬規定より
概ね5割減額
顧問弁護士専門サイトボタン

顧問弁護士の解決事例

法律相談予約・お問い合せバナー
顧問弁護士バナー接骨院・整骨院専門の顧問弁護士バナー離婚相談バナー