未来創造弁護士法人

離婚相談

045-624-8818
  1. >

知っておきたい離婚の知識

解決事例やよくある質問

離婚を考えているあなたへ

離婚問題は、私たちにとって身近に生じてしまいやすい問題ですが、毎日の生活を共にしている配偶者とのトラブルだけに、そのストレスはとても大きなものとなります。離婚問題のストレスから早く解放されたい。でも不利な条件では離婚したくない。そのような悩みを抱える方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。本ページでは、一人でも多くの皆さんの悩みを解決できるよう、弁護士の知識と経験に基づく情報・解説・ノウハウをご提供しています。あなたの悩みに応じて、是非ご活用ください。

また、解説などを読んで自分自身では抱えきれない問題があると感じたら、早めに弁護士に相談することをお勧めします。未来創造弁護士法人では、あなたの悩みをできるだけ早く、できるだけ有利に解決できるよう、精一杯お手伝いをさせていただきます。

離婚の手続きを進めるのに不安がある

離婚を成立させる方法には、主に協議離婚・調停離婚・裁判離婚の3つの方法があります。協議が整わなければ調停、調停が整わなければ裁判というように、離婚をするための手続きは段階的に用意されています。離婚の手続きを進める場合には、「離婚の手続」のコーナーを参照しながら、それぞれの手続きをする際に気を付けるべきポイントや注意点を確認しておきましょう。家庭裁判所に離婚調停を申し立てると、調停委員が夫婦の間に入って話合いをリードしてくれるため、手続きに詳しくない方でも話し合いを進めることができます。

ただし、調停委員は中立的な第三者ですので、必ずしもあなたに有利なアドバイスをくれるとは限りません。話し合いを進めるのに不安がある場合や話し合いをできる限り有利に進めたい場合には、弁護士に相談することをおすすめします。弁護士は依頼者の立場に立ち、依頼者の最大利益を追求します。

なお、離婚裁判では、法律に定められた5つの離婚事由(理由)のいずれかが認められなければ、離婚判決を勝ち取ることができません。離婚を考える際には、「離婚できる?できない?」のコーナーを参照しながら、最終的に裁判離婚できる可能性があるかどうかを見極めながら話し合いを進めることが重要です。

離婚条件で揉めそうで心配

離婚をする際には、夫婦を取り巻く種々の問題を解決する必要があります。親権・養育費・面会交流などの子どもの問題、財産分与・婚姻費用・慰謝料などお金の問題の他、離婚後の氏や戸籍の問題もあります。

これらの問題について正しい理解を持っていないと、離婚の協議や調停・裁判が長引いてしまう原因となります。「離婚と子ども」「離婚とお金」のコーナーを参照しながら正しい理解を得て、離婚のスピード解決を目指しましょう。

なお、離婚条件で揉めそうな場合には、早い段階で弁護士に依頼し、法律的な観点を踏まえた交渉をしてもらうことにより、有利な条件で早期の解決を望むことができるでしょう。

不倫・浮気をした配偶者に慰謝料を請求したい

配偶者が浮気をして不貞行為に及んでいる場合、配偶者と浮気相手に対して慰謝料請求をすることができます。ただし、慰謝料を確実に取るためには、浮気をしていることの証拠をつかむことが何よりも重要です。不貞行為の証拠をつかむことにより、裁判で慰謝料請求が認められる可能性が高まるのみならず、任意の支払いを求める交渉を優位に進めることもできます。

慰謝料請求を考えている場合には、弁護士や調査会社に相談するなどして、効率的な証拠収集の方法を検討するのがよいでしょう。

離婚や慰謝料請求にかかる費用はどのくらい?

離婚を考える際に気になるのが、離婚を弁護士に依頼した場合の弁護士費用の金額だと思います。料金体系は法律事務所によって様々ですが、多くの事務所では、「着手金+報酬金制」を採用し、着手金に20~30万円程度の費用をご負担いただき、最終的に得られた経済的利益をもとに報酬金を清算するケースが多いといえます。

未来創造弁護士法人では、「弁護士費用」のページに記載のとおり、明朗な料金の基準を設けているため、安心してご依頼いただくことができます。

法律相談予約・お問い合せバナー
顧問弁護士バナー接骨院・整骨院専門の顧問弁護士バナー離婚相談バナー