未来創造弁護士法人

離婚相談

045-624-8818
  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. >

離婚の手続

ここでは、離婚について、知っておいた方が良い知識や事例などを解説しています。
事前に知識を知ることでトラブルを最小限に抑え、かつ迅速な解決を図ることが出来ます。

協議離婚

弁護士を付けて離婚した場合でも復縁できる?

夫婦の話し合いでは離婚話がまとまらず、弁護士に依頼をして離婚や裁判をして離婚した場合~一般的に相当泥沼化していますが~でも復縁はできるのでしょうか。

弁護士が離婚をそそのかしている?

「本人は離婚したくないはずなのに、弁護士がそそのかしたから離婚などと言いだしたんだ。本人と話をさせてくれ」と言う人がたまにいますが(女性より男性の方が多いような気がします)、ちょっと冷静に考えてみて下さい。弁護士が「相談にいらっしゃい」と誘うわけがないですから、相談に行こうと決めたのは本人です。そして、当事者同士では話し合いが平行線なってしまったことから、それを打破して次のステップに進もうとして弁護士に相談するわけですから、離婚の決意は相当固いはずです。
 そうだとすると、一般的に、弁護士が介入した離婚の事案では、離婚すること自体を考え直す、ということはあまりなさそうです。離婚をしたくないと思う人は、離婚した後しばらく別々に生活するという冷却期間を置いた上で、復縁の可能性を探る方が得策かもしれません。以下、離婚の段階別に復縁の可能性を高める方法を見てみましょう。

弁護士が間に入って協議離婚した場合

 別居して、当事者同士で離婚の話し合いをしているがまとまらないという状況が続いているうちに、相手方が弁護士に依頼をして、その弁護士から受任通知が届くということがよくあります。受任通知には、「弁護士が窓口になるので直接依頼者に連絡しないように」と書かれていますので、以後、当事者同士の話し合いはできなくなります。
 例えば、妻が子供を連れて出て行って別居状態となり、しばらくは当事者間で離婚の話し合いをしていたもののまとまらず、妻が弁護士に依頼をしたとしましょう。夫も弁護士に依頼をする場合、しない場合がありますが、いずれにしろ今までの当事者同士の話し合いよりは冷静に話が進みます。第三者が入ることで、妥当な“落としどころ”が見えてくるものです。
 理不尽なことは言わず、相手の立場を考えて話し合いをすることで、泥沼にはまらずに協議離婚ができます。その結果、復縁の可能性は残ります。

弁護士が間に入って調停離婚した場合

 弁護士が介入するかどうかは別として、調停は、当事者間の協議では離婚できなかった場合に利用される手続ですので、泥沼化に近付きつつあります。
 それでも、調停委員と上手くコミュニケーションを取りながら調停離婚が成立したなら、やはり復縁の可能性は残ります。
 他方、調停成立、不成立に関わらず、揉めた末に終了したよう場合には復縁の可能性は低くなります。調停では、調停委員が順番に当事者の話を聞いてくれて、当事者間の調整をしてくれます。どちらか一方当事者の肩を持ったりすることはありませんが、調停委員も人間です。理不尽なことを主張し続けたりすれば良い印象を抱いてはくれません。その結果、仮に自分の主張したとおりの条件で離婚となった場合にも、相手には相当不満が残るはずですので、復縁の可能性は低くなるのです。
 復縁の可能性を高めるためには、相手の希望などを良く聞いた上で、お互いに譲歩できるところはするという姿勢が必要です。
 なお、夫婦円満調停というのもあります。こちらは離婚しない方向での話し合いですので、離婚を望まない方は利用するとよいでしょう。

弁護士が間に入って裁判離婚した場合

 裁判してまで離婚するということは、かなり泥沼化していると言って良いでしょう。こうなってくると復縁の可能性はかなり低くなります。

未来創造弁護士法人では、離婚相談を多く手掛ける弁護士が、あなたの悩みやあなたの置かれている状況について具体的にお話を伺い、あなたの状況に最も適合する方針について共に考え、回答・アドバイスを差し上げています。法律相談予約はお電話または予約フォームから受け付けております。

 

 

法律相談予約・お問い合せバナー
顧問弁護士バナー接骨院・整骨院専門の顧問弁護士バナー離婚相談バナー