未来創造弁護士法人

離婚相談

045-624-8818
  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. >

離婚とお金

ここでは、離婚について、知っておいた方が良い知識や事例などを解説しています。
事前に知識を知ることでトラブルを最小限に抑え、かつ迅速な解決を図ることが出来ます。

養育費

離婚したらペットの養育費をもらえるの?

犬や猫、は虫類に鳥類などをペットとして飼育している夫婦が離婚して、一方がそのペットを引き取った場合、他方配偶者に対し、ペットの養育費をもらうことができるでしょうか。

養育費とは

 養育費とは、子供の監護養育のために必要な費用で、子供を監護している親(通常は親権者。権利者といいます)に対し、監護していない親(養育費の支払い義務者といいます)が支払うものです。養育費の根拠は、民法第766条1項が定める、「子の監護に要する費用」です。そして、この養育費の支払い義務は、「生活保持義務」といって、支払い義務者が、自らの生活を保持するのと同程度の生活を被扶助者にもさせる義務であるとされます。
 この法的な義務を具体化する手段として、当事者間の協議で協議書を作成したり、公証役場で公正証書を作成してもらったり、家庭裁判所の調停や審判、訴訟で決めてもらう場合があります。

離婚におけるペットの位置づけ

 今でこそ愛犬や愛猫などと言いますが、一昔前はそのような呼び方はなく、ペットとする動物の種類も多くありませんでした。家族の一員という考えもあまりなく、例えば、犬は、番犬として防犯目的で飼われていたことが多かったと思います(将軍様やお殿様が猫や犬を飼っていたのは愛玩目的だと思いますが)。
 しかし、今やペットは家族の一員ということで、ペットビジネスは少子化社会の中で大きな産業となっています。「愛犬」や「愛猫」という言葉がごく普通に使われ、ペットシッターや、ペット専用の葬儀社や墓地なども存在します。このような傾向の当否は別として、ペットが家族の一員として“扱われている”ことは確かですが、あくまでも法律上は家族ではなく、「物」(動産)という扱いです。つまり、物なので所有権の対象となりますから、離婚の際には、ペットの親権などということは問題とならず、夫婦どちらかの特有財産でなければ、共有財産として財産分与の対象になるに過ぎないのです。動物愛護法の制定により、単なる物とは異なる扱いはありますが(例えば、器物損壊罪に該当しないような遺棄行為を処罰するなど)、人間の子供と同様の扱いはしていません。
 そうすると、先程述べたとおり、養育費とは、子供の監護養育のために必要な費用のことをいいますので、ペットについて養育費が問題となることはなく、よって、財産分与によってペットの所有権を得た側が、他方に対して養育費の請求をすることはできません。
 ちなみに、夫婦双方がペットの所有権取得を主張して譲らない場合は、夫婦の双方が各2分の1の持分を持つ共有物となります。もっとも、共有となるとどちらが世話をするのかお互いに譲らないでしょうから、最終的には共有物分割訴訟で解決することになります。この場合、現物を分割することはできないので(生き物ですから)、第三者に売却して代金を分けるか(感情や気持ちを基準とした価値ではないので、評価額としてはほぼ0に近いと思われます)、これまでの飼育状況やこれからの飼育の環境(住宅などの生活環境やペットを飼える経済状況かなど)により、元の夫か妻を所有者とした上で、相手方に評価額相当額の代償の支払いを命じることが考えられます。子供の親権争いとはだいぶ違いますね。

それでもペットを育てる費用が欲しい

 所有権についての原則からすると、所有者は、その物から発生する利益を得る反面、必要な費用の負担もしなければなりません。例えば、土地と土地上のアパートの所有者は、アパートの賃料を得ることができますが、土地やアパートの固定資産税等を負担しなければなりません。ペットの場合も同様ですので、財産分与の結果、ペットの所有者(飼い主)になるということは、ペットについての費用(食費、病院代、予防接種費等)も負担するということなのです。ですから、これらの費用について、相手方に請求する権利はありません。
 もっとも、相手方と任意に取り決め(契約)をすることはできます。例えば、相手方が離婚後もペットに会いたいと言っているような場合は、会わせることを条件にいくらか月々負担してもらうというような内容の取り決めをすることが考えられます。子供の面会交流であれば、面会と引き換えに養育費を支払うという考え方はしませんが、面会交流ではないので、このような方法も可能です。

未来創造弁護士法人では、離婚相談を多く手掛ける弁護士が、あなたの悩みやあなたの置かれている状況について具体的にお話を伺い、あなたの状況に最も適合する方針について共に考え、専門家として回答・アドバイスを差し上げています。法律相談予約はお電話または予約フォームから受け付けております。

法律相談予約・お問い合せバナー
顧問弁護士バナー接骨院・整骨院専門の顧問弁護士バナー離婚相談バナー