未来創造弁護士法人

離婚相談

045-624-8818
  1. >
  2. >

弁護士に相談・依頼するメリットとタイミング

弁護士に相談・依頼するメリット

ご自身で交渉をする場合には、相手が提示している条件が法律的な相場に照らして妥当なものなのか、自分に不利な条件であることが後から判明しないかなど、様々な不安があると思います。弁護士に交渉を依頼すれば、裁判や審判になった場合にどのような結果となるかということを見据えて、その相場から大きく外れた条件でないかどうかを適切に判断しながら、安心して交渉を進めることができます。
また、弁護士を入れて交渉することにより、「折り合いがつかず裁判を起こした場合にはこのようになりますよ。それでも今の条件を維持しますか?」といったことを示しながら交渉を行うことにより、相手から適切に譲歩を引き出し、裁判における相場を踏まえた最大利益を追求していくことができます。
本人同士で同じような話をすることも考えられますが、「何を話すか」という事と同じくらい「誰が話すか」ということも相手にとって重要であるといえるので、法律の専門家である弁護士が上記のような話をするからこそ、相手も耳を傾け、自分の提示条件を維持することが得策ではないと納得する可能性が高まるといえます。

相手方にも弁護士がついている場合には、弁護士同士で上記の法律上の理屈や相場を踏まえた協議を進めることができるため、本人同士で話をするよりも早期に解決を望むことができます。
また、相手方に弁護士がついていない場合でも、当事者同士では感情的な対立で話が進まない状態から、法律的な相場を踏まえた損得論に切り替えさせて相手に納得してもらうよう話を進めることができるため、話し合いによる早期解決を望むことができます。

離婚協議は争い始めると長期化することが多いものです。話し合いをしていること自体に疲れてくると、自分に不利な条件であっても根負けして応じてしまうということが良くあります。
弁護士が自分の代わりに話をしてくれることにより、目の前の話し合いのストレスから解放されるのみならず、相手との我慢比べの点でも優位に立つことが期待できます。

弁護士は離婚の際の一連の流れや後々トラブルになりやすいことが何かを熟知しています。そのため、離婚協議の際にも、後にトラブルを残さないために何をどのように決めておくべきかという観点から話を進めることができます。
また、離婚の際に作成しておくべき書面やとっておくべき手続きについても、不備なく万全な形で進めることができます。

弁護士に相談・依頼するタイミング

  • 離婚をどのように切り出したらよいか迷っている
  • 離婚を切り出したが相手方が話に応じてくれない
  • 相手方の浮気が疑われるので慰謝料請求をしたい

  • 相手方の代理人弁護士から離婚を求める通知が届いた
  • 相手方の代理人弁護士から慰謝料請求の通知が届いた
  • 相手方から一方的に離婚を突き付けられ別居中である

  • 相手方が頑なに離婚に応じてくれない
  • 親権・財産分与・慰謝料等の離婚条件で揉めている
  • 別居中で相手方とうまく意思疎通ができていない

  • 離婚調停を申し立てたい
  • 離婚裁判をしてでも離婚したい
  • 離婚調停や離婚裁判で法律的な話が良く分からない
  • 調停委員や裁判官から弁護士をつけるように勧められた
法律相談予約・お問い合せバナー
顧問弁護士バナー接骨院・整骨院専門の顧問弁護士バナー離婚相談バナー