未来創造弁護士法人

離婚相談

045-624-8818
  1. >
  2. >
  3. >

当事務所にご相談いただいた方々の解決事例です。

ご相談者のお悩みや不安、ご相談に至った経緯、依頼を受けた弁護士がどのように解決したかを、一部ですが、ご紹介いたします。

養育費を支払わない父親への給料の差押え

カテゴリー

  • 夫側(男性側)
  • 妻側(女性側)

分野

  • 離婚する、しない
  • 慰謝料
  • 財産分与
  • 親 権
  • 養育費
  • 面会交流(面接交渉)
  • 婚姻費用(生活費)

手続き

  • 協議離婚
  • 審判離婚
  • 調停離婚
  • 裁判離婚

ご相談内容
・元夫とは離婚をした際に娘の養育費を毎月5万円支払うという約束をしており、その旨の公正証書を作成してあります。

・ところが、元夫が勤めていた会社を辞めたらしく、養育費の支払いがストップしてしまいました。

・既に転職をして給料をもらっているはずなのに、私がメールで連絡をしても無視され、娘の養育費を支払ってもらえません。


争点と解決への工夫

・養育費の支払いを公正証書で約束した場合には、支払をしない相手方の履行を強制するために強制執行をかけることができます。

・相手方の勤務先が分かっていれば、給料の差押えをすることができます。

・約束どおりに養育費を支払わない相手に対しては、既に延滞になっている佳子の養育費だけでなく、将来の養育費についても(将来の給料から支払を強制する)差押え手続を取ることができます。


結果

・裁判所に強制執行を申し立てた結果、相手方の毎月の給料を差し押さえて、養育費の支払いを受けることに成功しました。

・相手方が職場を変えない限り、将来的にも差押えの効力が継続することになります。

法律相談予約・お問い合せバナー
顧問弁護士バナー接骨院・整骨院専門の顧問弁護士バナー