未来創造弁護士法人

離婚相談

045-624-8818
  1. >
  2. >
  3. >
  4. >

離婚と子ども

ここでは、離婚について、知っておいた方が良い知識や事例などを解説しています。
事前に知識を知ることで、トラブルを最小限に抑え、且つ迅速に解決を図ることが出来ます。

養育費

離婚のときに決める養育費の相場や計算方法は?

養育費とは 養育費とは、未成年の子供の監護養育のために必要な費用(食費、生活費、医療費、学費など、未成年の子供を一緒に住んで育てて行くために必要な全ての費用)で、子供を監護している親(通常は親権者。権利者といいます)に対し、監護していない親(養育費の支払い義務…

離婚の際に取り決めた養育費は再婚によって影響を受ける?

養育費の減額請求ができる 養育費は、「扶養権利者の需要、扶養義務者の資力その他一切の事情を考慮して」決められる(民法879条)ものなので、考慮した「一切の事情」に変更があった場合には、再度決め直すことができます。これは、当事者間の協議(契約)で養育費を決めた場…

離婚の際の養育費の取り決めを公正証書にすべき理由

公正証書とは 公正証書とは、公証役場において、公証人(公証人法に規定されている公務員で、ほとんどが元裁判官や元検事)が作成する公文書(公文書=公務員が職務条作成する文書ですが、私人間の契約条件を定めた契約書です)です。離婚の場合、裁判離婚であれば判決や和解調書…

離婚後養育費はいつまで払う必要があるの?

養育費の根拠 養育費の根拠は、民法第766条1項が定める、「子の監護に要する費用」です。そして、この養育費の支払い義務は、「生活保持義務」といって、支払い義務者が、自らの生活を保持するのと同程度の生活を被扶助者にもさせる義務であるとされます。 この法的な義務を…

離婚した元配偶者が養育費を払わない場合の対処法

養育費が払われないことは珍しくない 一般的に、離婚の際に、母親(元妻)が子供の親権者になることが多いですが、厚生労働省の調査(平成18年度全国母子世帯等調査結果報告 離婚母子世帯における父親からの養育費の状況)によると、離婚後4年以上が経過しても養育費を受け取…

法律相談予約・お問い合せバナー
顧問弁護士バナー接骨院・整骨院専門の顧問弁護士バナー