未来創造弁護士法人

離婚相談

045-624-8818
  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. >

離婚の手続

ここでは、離婚について、知っておいた方が良い知識や事例などを解説しています。
事前に知識を知ることでトラブルを最小限に抑え、かつ迅速な解決を図ることが出来ます。

協議離婚

離婚は恋愛の始まり?

離婚が成立して独身となった人がどのようなプロセスを経て新たな恋に落ちるのか、興味がありますよね?新たな恋をする際の悩みや再婚についてお話します。

もう恋なんてしない?

 離婚するには体力が必要です。結婚するときは、新しい生活への期待で満ちあふれています。何もないところから生活を作り上げていくので、あまり複雑なことはありません。しかし、離婚はとても複雑。結婚から離婚までの間に、子供が生まれ、ローンを組んで家や車を買い、保険に入り、多少の預貯金もして・・・と、夫婦で作り上げた生活や財産などが多々あり、それを清算する作業が必要になりますから、とても複雑なのです。しかも、破綻した夫婦間での清算作業ですから、仲良く譲り合って半分にするという気持ちにはなれず、「おまえは預金もせずに浪費していた」「テレビを買うお金は私が出した」「自宅購入の頭金は、うちの両親から援助してもらった」など、これまで溜まりに溜まってきた配偶者に対する不満が、合理的な判断(細かい話でもめるより、早期に解決した方が精神的にも経済的にも得、という判断)の邪魔をしますから、結婚のときの何倍も体力が必要になってくるのです。
 その離婚がやっと成立すると、多くの人は、「もう離婚は懲り懲りだ。」と思うでしょう。離婚によって、“結婚は素晴らしいものだ”という幻想など吹き飛んでしまっているので、「結婚はもう懲り懲りだ。」となり、「もう恋なんてしない。」となるのです。ある意味、当然ですよね。
 ところが、“喉元過ぎれば熱さを忘れる”、ではありませんが、元妻、元夫への未練や離婚のショック、喪失感が薄れてくると、やはり寂しくなります。子供が欲しいと思ったり、将来や老後の不安(経済面や介護、孤独死など)もあるでしょう。そのように気持ちが変わると、新しい出会いが欲しくなります。友達もあなたの変化を感じ取って、あなたと合いそうな異性を紹介してくれるなど積極的に応援してくれるようになるかもしれません。
 それでも「もう恋なんてしない。」と言い続けますか?

 

新しい恋をするときの注意点

 まず、破綻した結婚生活を振り返り、敗因分析をしましょう。元の配偶者だけでなく、自分にも離婚の原因は多かれ少なかれあったはずです。同じことを繰り返さないためにも、これは必要不可欠です。
 とはいえ、バツアリ(×有り=離婚歴有り)などと自分を卑下してはいけません。理由は簡単です。自分を卑下するような人は、他人には魅力的には感じられないからです。新しい恋の可能性を無くしかねません。
 また、新しい恋人と、元の夫・妻を比較してはなりません。相手に嫌な思いをさせてしまいます。
 ちょっと先の話になりますが、新たなパートナーに巡り会っても、女性が再婚する場合は、再婚禁止期間があります。離婚から100日間は再婚禁止ですが(民法733条1項)、例外もありますので(同条2項)、それほど気にする必要はありませんが、一応知っておきましょう。
    

新しい恋をするのはどのタイミング?

 「もう恋なんてしない。」なんて言っていた人も、結婚のトラウマや恐怖心を乗り越え、次の恋愛への一歩を踏み出そうとします。では、そのタイミングは一般的にはいつ頃なのでしょう?
 シングルマザー、シングルファーザーになっている場合、子供のことも考えなければなりません。そもそも、バツイチというだけで交際までこぎつけるには難しそうなのに、子連れとなると更にハードルが高くなるのではないか?結婚となった場合、子供は新しいパパ・ママを受け入れてくれるだろうか・・・などです。
 交際しようと思った相手が子連れの自分を受け入れてくれるかどうかは直ぐに分かります。最初に子連れであることを伝えておけばよいのですから。ダメならさっさと別れ、別の恋を探すだけです。
 子供が新しいパパ・ママを受け入れてくれるだろうか、家族になれるか、というところは恋愛の最初の段階では分かりませんが、子供が小さいほど自然に受け入れてもらえるのではないでしょうか。相手の男性・女性も、子供が小さい方が受け入れやすいと思います。子供が小さい場合、一緒に過ごす時間が多くなれば、直ぐに慣れてくれるでしょう。
 というわけで、子供がいる場合の恋愛のタイミングは、子供が小学校に上がる前くらいまで、年齢でいうと6歳くらいまでという意見が多いようです。
  

離婚経験者の強みを生かせ!

 離婚をして子供を引き取っていると、何かと偏見の目で見られたり、本人も、「バツイチ子持ち」、「シングルマザー」、「シングルファーザー」などと卑屈になったりしてしまいがちです。しかし、離婚を経験しているということはマイナス面しかないのでしょうか?
 離婚をしたことについて誰しも後悔や未練はあると思います。しかし、その後悔や未練を乗り越えて新しい恋をしよう、再婚したい、と思ったのですから、新しい恋や結婚では離婚の教訓が大いに生かせるはずです。例えば、ある程度のことは許せるようになる(相手に寛容になる)、相手に期待しすぎないなど、離婚前より精神的に成長しているはずです。これらの教訓を生かすことができたら、新たな素晴らしい夫婦の関係を築くことができるはずです。
 初婚ではないことに相手の両親が難色を示すかもしれませんが、初婚でなければならないという価値観は、あなた自身の人間としての魅力で吹き飛ばせるはずです。
 さあ、勇気を出して恋をしましょう!

再婚する場合、子供の面会交流が問題となります。子連れで再婚する人は、新しい夫・妻と子供が早く仲良くなるようにするため、元妻・元夫と子供の面会交流をさせたくない、減らしたいなどと考えるかもしれません。元妻・元夫にしてみれば、自分とは無関係の事情で子供に会えなくなるなど受け入れがたいですよね。また、子供が再婚相手と養子縁組をした場合、これまでもらっていた・払っていた養育費はどうなるのか、というのも大きな問題です。再婚となったら、まずは専門家である弁護士に相談してみて下さい。
法律相談予約はお電話または予約フォームから受け付けております。

 

 

 

法律相談予約・お問い合せバナー
顧問弁護士バナー接骨院・整骨院専門の顧問弁護士バナー離婚相談バナー