未来創造弁護士法人

離婚相談

045-624-8818
  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. >

離婚と子ども

ここでは、離婚について、知っておいた方が良い知識や事例などを解説しています。
事前に知識を知ることでトラブルを最小限に抑え、かつ迅速な解決を図ることが出来ます。

氏と戸籍

離婚すると苗字や戸籍はどうなるの?

長年親しんできた苗字だけど、離婚するとどうなるのだろう?
離婚調停のときに戸籍謄本を裁判所に提出したけど、離婚すると戸籍はどうなるのだろう?
気になる自分や子供の苗字、戸籍についてお話します。

結婚と苗字・戸籍の話

 これまでに結婚した経験のない男性源頼朝と、同じく結婚した経験のない女性北条政子が、めでたく結婚することになったとします。一般的に、結婚によって妻となる人の苗字が夫の苗字に変わり、夫婦が同じ苗字になりますが、これはどういう手続を経ているのでしょうか?
 源頼朝、北条政子ともに、通常は親の戸籍に入っていますが、結婚によって新しい戸籍が編纂されることになります(戸籍法16条1項本文)。同じ戸籍に入るためには、同一の苗字(名字、姓、氏)を名乗る必要があり、名乗る苗字は戸籍の筆頭者の戸籍になります。つまり、結婚により北条が源という苗字に変わるということは、源頼朝を筆頭者とする戸籍が編纂され、北条政子が入籍することにより源という苗字に変わるということなのです。そして、源頼朝、北条政子ともに元の戸籍からは除籍されることになります。
結婚することを「入籍」と言う意味が分かりましたね。

離婚すると苗字や戸籍はどうなるの?

 では、源頼朝と政子が離婚すると苗字や戸籍はどうなるのでしょうか?
(1) 源頼朝の苗字は変わりませんし、戸籍はそのままですが、政子は頼朝の戸籍から除籍され、原則として元の戸籍に戻り(復籍といいます)、苗字も北条という旧姓に戻ります(復氏といいます)(戸籍法19条1項本文)。ただし、戻るべき元の戸籍が消滅(除籍といいます)していたり、自らを筆頭者とする戸籍を作りたいと希望する場合には、北条政子を筆頭者とする新たな戸籍が編纂されることになります(戸籍法19条1項ただし書き)。
 余談ですが、従来の電算化される前の縦書きの戸籍では、除籍された人の欄は大きな×で消されました。上記の例で言うと、頼朝の戸籍中の政子の欄が×で消されることになります。「バツイチ」という言葉は、ここからきています。
(2) 政子が、長年使ってきた源から北条に戻ることで不都合があると考えたとします(例えば、仕事上不便になるとか)。この場合、「婚氏続称」という制度を使うことで源という苗字を名乗り続けることができます。通常は、離婚届と一緒に「婚氏続称届」を提出するのですが、離婚のときに届けを提出しなかった場合でも、離婚から3か月以内であれば婚氏続称届を提出して源の苗字を名乗り続けることができます。この場合、新たに源政子を筆頭者とする戸籍が編纂されることになります(民法767条2項、戸籍法19条3項、77条の2)。

離婚後しばらくして苗字を変えたいと思った場合は?

(1) 離婚届を提出する際には婚氏続称届を提出せず、北条政子に戻っていたとします。しかし、しばらくして気が変わり、源政子に戻りたいと思った場合は、次のような手続をします。まず、離婚から3か月以内であれば、婚氏続称届を提出して源政子になることができます(復籍していた場合は、源政子を筆頭者とする新戸籍が編纂されることになります)(民法767条2項、戸籍法19条3項、77条の2)。では、3か月以上の期間が過ぎていた場合はどうでしょう?この場合は少し手続が複雑になります。家庭裁判所に申立てをして、氏の変更許可を受ける必要があります(戸籍法107条1項)。手続自体は郵送ででき、費用も収入印紙800円と連絡用の郵便切手代程度で済みますが、やむを得ない事情(=氏の変更をしないとその人の社会生活において著しい支障を来す場合)を変更許可申立書に記載する必要があります(申立書の書式は、家庭裁判所のホームページからダウンロードできます)。婚姻時に名乗っていた苗字に戻ることは比較的認められやすいと言えます。
(2) 離婚届を提出する際に婚氏続称届を提出し、源政子に戻っていたものの、離婚後に気が変わり、北条政子に戻りたいと思った場合も、家庭裁判所に申し立てをして、氏の変更許可を受ける必要があります(戸籍法107条1項)(申立書の書式は、家庭裁判所のホームページからダウンロードできます)。この場合も、比較的許可されやすいと言えます。
(3) (1)(2)で氏の変更許可が出た場合には、許可審判書謄本と、審判が確定したことを証明する確定証明書を持って自分の本籍地(戸籍があるところ)または住所地の市区町村役場の戸籍課に氏の変更届と入籍届を提出し、戸籍に反映してもらいましょう。

離婚すると子供の苗字や戸籍はどうなるの?

 源頼朝と政子の間に、長男頼家と次男実朝がいたとしましょう。では、離婚によって頼家と実朝の苗字や戸籍はどうなるのでしょうか。
(1) 頼家と実朝の親権者に頼朝がなった場合
 頼家と実朝は、生まれたときから頼朝の戸籍に入っており、政子が離婚して除籍になったとしても何の影響も受けません。よって、それまでどおり二人とも苗字は源ですし、頼朝の戸籍に入ったままです。
(2) 頼家と実朝の親権者に政子がなった場合
 先ほど述べたとおり、頼家と実朝は、生まれたときから頼朝の戸籍に入っており、政子が離婚して除籍になったとしても何の影響も受けません。これは、政子が親権者になったとしても同じです。そうすると、仮に、シングルマザー(シンママ)となった政子が北条に復氏していた場合には、子供と母親の苗字が異なることになります。子供と親権者の苗字が異なる場合は何かと不便があるので、この場合、家庭裁判所に申し立てをして、子供の氏の変更許可を受けることができます(頼家と実朝が15歳未満のときは政子が、15歳以上の場合は頼家と実朝本人が申し立てをします)。氏の変更許可を受けてから、二人を政子の戸籍に入籍させることにより、手続は完了です。ちなみに、これらの手続に頼朝の許可は不要です。
 政子が婚氏の続称をしている場合、政子と子供たちは同じ源姓となりますが、別戸籍ですので法律上は別の姓(単なる同姓)と扱われます。よって、政子の戸籍に頼家と実朝を入籍させたいと思った場合は、やはり氏の変更許可を受ける必要があります。
(3) 子供たちが頼朝の戸籍に戻りたいと言い出した
 頼朝の戸籍から政子の戸籍に入籍した頼家と実朝が、やっぱり頼朝の戸籍に戻りたいと言い出した場合は、再度氏の変更手続が必要になります。ただし、以前の変更手続きをした際に、頼家と実朝が未成年者であったときは、成年になってから1年以内であれば、役場に入籍届を出すだけで頼朝の戸籍に戻ることができます。

離婚したら復氏すべき?

 以上のとおり、一連の手続をご案内しましたが、実際のところ、離婚したら離婚前の苗字に戻るのがいいのか、それとも婚氏の続称をするのがいいのか、どちらなのでしょうか?
 結論から申し上げると、どちらが良いということはないので、各自の事情によって決めるべきでしょう。復氏するとなれば、元夫・元妻の苗字を名乗らなくていいのですからスッキリするというメリットがありますが、免許証や銀行口座、クレジットカード、生命保険、学資保険、公共料金、保険証、その他各種の届出名を変更する必要が生じ、煩わしいというデメリットがあります(保険関係については、苗字の変更のほかに、名義(契約者)や受取人の変更などもしておく必要があります。これをしておかないと、満期等に保険金が受け取れないことがあるので注意が必要です。)。他方、婚氏を続称するとなると、届出名の変更は不要ですが、モヤモヤは残るかもしれません。
 親権者と子供の苗字が異なると不便なので、一緒にすることが多いようです。そうすると、子供の苗字を変えると子供の学校の友達に離婚したことが知られるなど子供に悪影響が及ばないか、ということも苗字を選ぶ上で重要な考慮要素になりそうです。ただ、時間が経てば慣れますので、それほど重要ではなく、結局は好みで決めるのが良いでしょう。

未来創造弁護士法人では、離婚相談を多く手掛ける弁護士が、あなたの悩みやあなたの置かれている状況について具体的にお話を伺い、あなたの状況に最も適合する方針について共に考え、回答・アドバイスを差し上げています。法律相談予約はお電話または予約フォームから受け付けております。

法律相談予約・お問い合せバナー
顧問弁護士バナー接骨院・整骨院専門の顧問弁護士バナー離婚相談バナー