未来創造弁護士法人

離婚相談

045-624-8818
  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. >

離婚できる?できない?

ここでは、離婚について、知っておいた方が良い知識や事例などを解説しています。
事前に知識を知ることでトラブルを最小限に抑え、かつ迅速な解決を図ることが出来ます。

5つの離婚事由(離婚原因)

離婚の迷いから抜けだす方法

離婚にまつわる迷いは様々です。自分は離婚をしたい気持ちはあるけれど本当に離婚すべきなのだろうか、反対に、相手(配偶者)から離婚を切り出されたけれど離婚に応じなければならないのだろうか、断るべきか迷っている方もいます。

離婚の手続がわからない、何を準備したらいいかわからない

 離婚の方法には、夫婦間で話し合い離婚に合意し離婚届を提出する協議離婚、夫婦間だけの話し合いでまとまらないときに家庭裁判所で調停委員を交えて話し合う調停離婚、離婚調停がまとまらないときに判決により離婚する裁判離婚があります。

 協議離婚と調停離婚は夫婦間で話し合いがまとまれば理由を問わず離婚できます。裁判離婚の場合は、民法という法律に定められた離婚理由がなければ離婚できません。民法に定められた離婚理由は、不貞、悪意の遺棄、3年以上の生死不明、強度の精神病で回復の見込みがない、婚姻を継続し難い重大な事由がある、の5つです。

これらの離婚理由がないと裁判離婚はできません。たとえば、価値観、結婚観の違いがあるというだけでは裁判離婚は認められないのです。価値観、結婚観の違いが婚姻を継続し難い重大な事由がある、といえる程度に達していれば裁判離婚できます。

最近では、セックスレスの悩みをもつ夫婦の数が増えています。セックスレスは、それ自体は民法上の離婚原因ではありませんが、婚姻を継続し難い重大な事由があると認められれば裁判離婚ができます。

男性の悩み 典型例

 子供がいる男性の悩みで多いのは、離婚したら母親である妻に親権を取られてしまうのではないか、子供に会えなくなってしまうのではないか、という悩みから離婚を迷うケースです。

 たしかに、母親が親権者に指定されるケースは数の上では多いですが、父親が親権者に指定されるケースももちろんあります。母親が親権を取った場合でも、子供と会う面会交流の制度があります。いずれにしても、離婚を考えるにあたっては、親権者の指定は、子供の福祉という観点から定められている制度であって、父親(夫)と母親(妻)のいずれが優れた親かを決める争いではないことは理解しておいたほうがよいでしょう。

女性の悩み 典型例

主婦の場合、離婚後の生活(お金)のことで迷いがあるケースはよくあります。離婚後の生活水準は下がるのが一般的です。

離婚したら、自分の生活費を自分で稼ぐ必要があります。また、親権者となり子どもを育てるなら子育て費用がかかります。親権者でない親に対して養育費を請求できますが、調停や裁判で認められる養育費だけで子育てをするのは困難でしょう。年齢が高いと就職が難しいこともあります。自分の生活、あるいは自分と子供たちの生活を支えるだけのお金の準備ができるか考えてみてください。

どうなったら離婚すべきか、基準がわからない

離婚すべきか、すべきでないか、どちらの道を選択すべきか、基準はあるのでしょうか。

ひとつは、「迷うなら離婚しないほうがいい」という考え方があります。迷うくらいならば関係が修復できる可能性がある、という意見もあります。また、離婚手続は話し合いがすぐにまとまればいいですが、調停離婚や裁判離婚になると時間もエネルギーを要することから、迷いながら離婚を進めようとしてもうまくいかない、ということもあるでしょう。

相手のどのようなところが不満なのでしょうか。逆に、相手に満足しているところはありますか。感謝しているところ、と言い換えてもいいかもしれません。夫婦の会話はありますか、「ありがとう」の言葉を言えていますか。夫婦関係を振り返ってチェックしてみてください。どこかに修復の道は見つかりそうでしょうか。自分達の努力次第でやり直す余地はあるでしょうか。

あるいは、いきなり離婚をするのではなく、別居してみるという方法もあります。別居することで離婚に傾きかけた気持ちが変わり修復できるかもしれません。逆に、やっぱり離婚したいと決意が固まるかもしれません。

将来どう生きていきたいか

究極的には、自分自身が将来どう生きていきたいかで判断するほかありません。

必ずしも結論を急ぐ必要はありません。中には、世間体が気になって離婚に踏み切れないという方もいます。なぜ世間体が気になるのか考えてみましょう。あなたは、離婚は不幸なものだと思っているのかもしれません。ですが、愛情のない婚姻関係を続けるほうが不幸なこともあり得ます。

離婚した後の新しい人生のほうが幸せな場合も多々あります。あなたの人生ですから、あなたが幸せになるような選択をしましょう。もしかすると、世間体を気にして我慢できる程度の夫婦の悩みであれば、関係修復の可能性があるかもしれません。

離婚の迷いを誰に相談すべきか

離婚の迷いを誰かに相談したいときは誰にどのように相談すべきでしょうか。

現在はインターネットで、たとえばヤフー知恵袋のように、相談者が質問でき、一般の方々から回答が得られる仕組みも発達しています。実際にこういったホームページを利用された方もいらっしゃるのではないでしょうか。
第三者の考えを知って、自分の考えが第三者から支持を得られるものか、第三者と一緒か、ずれているのかを知りたいのだと思います。離婚すべきか否か、自分自身の判断に自信がない、あるいは結婚生活に対する自己評価に自信がない状態かもしれません。

専門家に相談しよう

もちろん、経験豊富な専門家に相談するのは良い方法です。夫婦問題については、心理カウンセラー、男女問題アドバイザー、恋愛セラピストといったお仕事をされている専門家の方は多いです。夫、妻、あるいは夫婦双方のカウンセリングをして、もやもやした気持ち、心を整えてくれます。受け止める専門家というイメージです。

もう一つ、弁護士の立場からは、ぜひ弁護士にご相談いただきたいと思います。弁護士というと、泥沼の離婚裁判、慰謝料を取り立てる裁判、というイメージを持たれるかもしれません。慰謝料、財産分与、養育費といった法律上の財産給付の問題はもちろんですが、弁護士は代理人として話し合い、交渉をすることもできますし、相談者がご自身でパートナーと話し合いを進める上で、法律的なアドバイスをすることもできます。弁護士は法律の専門知識を使って、悩みを解決する専門家といえます。

離婚したいが両親に反対されているため離婚するか迷っている方
離婚と両親の反対についての記事はこちら。

法律相談予約・お問い合せバナー
顧問弁護士バナー接骨院・整骨院専門の顧問弁護士バナー離婚相談バナー