未来創造弁護士法人

離婚相談

045-624-8818
  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. >

ここでは、離婚について、知っておいた方が良い知識や事例などを解説しています。
事前に知識を知ることでトラブルを最小限に抑え、かつ迅速な解決を図ることが出来ます。

親権・監護権

不倫・浮気をした親は親権者になれる?

「不倫をして離婚をする原因を作ってしまったのは自分だけど、子どもの親権はほしい」だとか、「旦那(妻)の不倫が原因で離婚することになったんだから、旦那(妻)側に息子(娘)の親権は絶対渡さない!」といったように、お子さんの親権がどうしてもほしいと思っている方は多いのではないでしょうか。
では、浮気や不倫といった離婚の原因を作った夫婦の一方が、親権を獲得することはできるのでしょうか。
不倫(浮気)をした者が親権者になることができるのか、そもそも親権者を決定する際に、不倫(浮気)をしたことが考慮されるのかについてまとめました。

1 そもそも親権って?

親権とは、未成年者の子どもを監護・養育(身上監護権)し,その財産を管理(財産管理権)し,その子どもの代理人として法律行為をする権利や義務のことをいいます。子どもの両親が健在で婚姻中であれば、父母が共同して親権を行使し、子どもの監護・養育をします。
しかし、夫婦関係が破綻し離婚をすることになった場合には、両親が共同して親権を行使することは実際には無理があるため、親権を行う者をどちらか一方に定めることになります。
では、親権者はどのようにして決まるのでしょうか。
以下では、親権者の決定方法とその判断要素について検討していきます。
 

2 親権者の決め方と判断のポイント

(1)夫婦の話し合い

離婚の際の親権者の決定の仕方としては、まずは、夫婦間の話し合いで決めます。夫婦間の話し合いの場合には、親権者の決定方法は自由なので、どちらを親権者とするかの決め方は夫婦によってさまざまです。したがって、夫婦間の協議で、離婚原因を作った者を親権者とすることも可能です。
 

(2)調停・審判

 

①不倫(浮気)をしたこと自体は直接考慮されない

 
そして、夫婦間の話し合いで決着がつかない場合には、家庭裁判所に調停・審判を申し立て、調停委員を交えて話し合いをすることになります。
家庭裁判所は、父親と母親のどちらが親権者となるのが子の利益に適合するかという観点から親権者となる者を判断します。子の利益に適合するかどうかは、具体的には、家庭裁判所調査官の調査を経て、裁判官が①父母の事情(子への愛情や経済力)、②子の事情(子どもの意思・気持ちや年齢)、③継続性の原則、④母性優先の原則という事情、原則から判断します。(これらについて、詳しくは、http://www.mitani-law.com/rikonmondai/3841/をご参照ください。)
そして、これらの中に「不倫・浮気をしたこと」という事情が上がっていないことからもわかるように、不倫(浮気)をしたこと自体は親権者を決定する上で直接判断のポイントとなるわけではありません。
 

②直接考慮されないのはなぜ?

 
このように、不倫(浮気)をしたことが、親権者決定の際に判断基準とされていないのは、両親のうちどちらに親権を持たせる方が子どもの利益に適合するかという問題と不倫(浮気)をしたことは必ずしも関係はないと考えられているからです。不倫(浮気)をしたことは、夫婦間では責任があるといえますが、不倫(浮気)をした者であっても子を健全に養育することは十分可能だからです。
 

(3)注意!!

 
これまで見てきたとおり、不倫(浮気)をしたとしても、子どもを立派に育てている場合には、不倫(浮気)をしたことは親権者を決めるうえで決定的なポイントにはなりません。
しかし、不倫(浮気)が子の養育になんらかの影響を与えている場合には注意が必要です。
たとえば、浮気相手と会っている間に小さい子を一人で長時間放っておいたり、頻繁に夜遊びに出かけたりするなどして、育児を十分に行っていないという事実がある場合や、浮気相手にお金を使いすぎて、子どもにかけるお金が十分でないという場合、浮気相手と子どもの仲が悪かったり、交際相手が子どもに暴力を振るうという場合には、その親の下で子どもを養育することは、子供の健全な発達を期待することはできないので、子の利益に適合しません。
ですので、このような事情がある場合には、家庭裁判所が不倫(浮気)をしている親を親権者と判断する可能性は低いといえます。
(3)結論
以上のとおり、親権者を決定するうえでは、子の利益に適合するかという視点から判断されるので、不倫(浮気)をしたという事実自体は、子の利益に影響はないため判断要素とはなりません。
しかし、不倫(浮気)相手と交際することで、子供の養育に悪影響がある場合には、子の利益に適合しないので、親権者の判断に影響を及ぼします。

3 不倫・浮気による離婚についての裁判例

ここで、不倫・浮気をした者を親権者とした事例をみてみましょう。
実際に、不倫をしていた妻を親権者と認めた裁判例があります。
このケースでは、妻が複数の相手と不倫をし、その結果、夫婦は離婚することとなりましたが、妻が親権者とされました。その理由としては、妻が子どもを連れて別居してからすでに2年が経過しており、その間の子どもの養育環境や生活に特段問題がなかったこと、未就学児である子どもが母親を愛着の対象として必要としていること、一方で、父親は仕事が忙しく、海外出張もあるなど、継続的かつ安定的子どもの養育監護をすることは困難であったことがあげられています。
やはり、家庭裁判所は、子の利益を一番に考え、単に不倫をしたという事実だけでは親権者の判断に影響を与えないと考えているといえます。
 

4 まとめ

これまで述べてきたとおり、基本的には不倫(浮気)をしたことは親権者決定には影響しません。しかし、浮気相手との交際を続けている場合には、その点が裁判所の判断に影響を与える可能性があることは頭に入れておきましょう。
未来創造弁護士法人では、離婚相談を数多く手掛ける弁護士が、「今は子どもと同居をしているけれど、親権者となれるかな?」「妻が子どもを連れて実家に帰ってしまったけれど、親権者となるためにできることはないか?」といった様々な不安やお悩み・質問について、お一人お一人のお話を詳しくお聞きしながら、専門家の立場から回答・アドバイスを差し上げております。一人で悩まず、気軽に是非一度ご相談ください。ご連絡はこちらから!http://www.mitani-law.com/rikonmondai/contact/
法律相談予約・お問い合せバナー
顧問弁護士バナー接骨院・整骨院専門の顧問弁護士バナー離婚相談バナー